労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 最大20万円の補助金!西海市の太陽光発電設備設置支援制度

2024年7月5日

労務・人事ニュース

最大20万円の補助金!西海市の太陽光発電設備設置支援制度

令和6年 西海市太陽光発電設備設置補助金

西海市は、CO2削減と再生可能エネルギー導入を進めるため、太陽光発電設備設置に対する補助金を提供しています。この取り組みは、家庭や事業所での太陽光発電システム設置費用の一部を補助することで、地域全体の環境負荷軽減とエネルギー自給率向上を目指しています。4

申請期間は令和6年10月31日まで延長されましたが、予算が上限に達した場合は早期に終了することがあります。申請は提出順に審査され、書類の不備がない場合のみ受付日が確定します。

申請場所は、西海市役所環境政策課(本庁1階7番窓口)および各総合支所・出張所で行えます。総合支所や出張所では申請書の受付のみ対応し、問い合わせは環境政策課で受け付けています。

補助対象は、西海市内に住所を持つ個人または事業所に太陽光発電設備を設置する法人等です。補助対象事業は、自家消費型太陽光発電設備の設置であり、地域脱炭素移行・再エネ推進交付金実施要領の補助要件を満たし、発電電力量の計測器を設置する必要があります。

補助金額は、個人の場合1kWあたり5万円、特定地域では1kWあたり7万円となり、1件あたりの上限は4kWです。法人等の場合も1kWあたり5万円で、同じく4kWが上限となります。

交付申請には各種書類が必要です。個人の場合、本人確認書類、税の未納証明、発電電力消費量計画書、事業費内訳書、誓約書、見積書、設備概要書類、機器配置図、代理人が申請する場合の委任状などを提出します。法人等の場合は、登記事項証明書や営業許可証、税の未納証明、計画書、内訳書、誓約書、見積書、設備概要書類、機器配置図、委任状などが必要です。

事業内容の変更や中止、取下げの場合は、承認申請書を提出し、適宜対応を求められます。実績報告書は、事業完了後30日以内または令和6年11月29日のいずれか早い日までに提出が必要です。

補助対象設備は、新品で商用化され導入実績のあるものでなければならず、中古設備は対象外です。また、法定耐用年数を経過するまでの間、温室効果ガス排出削減効果についてJ-クレジット制度への登録を行わないことが条件となります。

具体的な補助金額の例として、個人が所有する住宅に4.2kWの太陽光発電設備を設置する場合、4.0kW分が対象となり、補助金額は20万円となります。

この補助金制度を利用することで、地域の環境負荷軽減と再生可能エネルギーの普及が期待されています。興味のある方は、西海市役所環境政策課までお問い合わせください。

⇒ 詳しくは長崎県西海市のWEBサイトへ