労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 最新農林水産技術の紹介と新たな連携の機会!アグリビジネス創出フェア2024

2024年5月31日

労務・人事ニュース

最新農林水産技術の紹介と新たな連携の機会!アグリビジネス創出フェア2024

「アグリビジネス創出フェア2024」で最新の研究成果を紹介しませんか(農林水産技術会議)

農林水産省は、本日より6月20日(木曜日)まで、「アグリビジネス創出フェア2024」の出展者を募集します。このイベントは、全国の産学官の機関が保有する農林水産・食品分野の最新の研究成果を広く紹介し、研究機関同士や研究機関と企業との連携を促進することを目的としています。

「アグリビジネス創出フェア2024」は、技術交流展示会として、全国の産学官の機関が持つ農林水産・食品分野の最新の研究成果を分かりやすく紹介し、研究機関同士や研究機関と事業者との連携を促す場として開催されます。このフェアは2004年度から毎年開催され、今年で21回目を迎えます。開催期間は2024年11月26日(火曜日)から11月28日(木曜日)までの3日間で、毎日午前10時から午後5時まで開催されます。会場は東京都江東区有明にある東京ビッグサイト南2ホールです。今回のテーマは「距離が縮まるマッチングAgri」で、主催者は農林水産省です。

「アグリビジネス創出フェア2024」では、最新の研究成果を広くPRすることによって、新たな連携先を見つける機会が提供されます。出展を希望される方は、ウェブサイト(https://agribiz.maff.go.jp/2024/)から申込手続きを行ってください。募集期間は2024年5月22日(水曜日)から2024年6月20日(木曜日)までです。出展料は無料ですが、基本設備以外の経費は出展者の負担となります。詳細はアグリビジネス創出フェア2024事務局にお問い合わせください。

出展対象となる機関は、農林水産・食品分野の研究成果を実用化・事業化することを希望し、最新で質の高い技術シーズや研究成果を持つ大学、地方公共団体、独立行政法人などの研究機関、技術研究組合および研究会などの非営利団体です。また、農林水産・食品分野において広く研究開発の連携を促進し、研究成果の普及・実用化・技術移転などを支援する機関も対象となります。ただし、既に営利活動として事業化されている研究成果などは出展できません。詳細はオンラインサイトで「出展のご案内」をダウンロードして確認してください。

展示内容や来場案内、各出展予定機関の詳細な展示内容などは、今後「アグリビジネス創出フェア2024」のオンラインサイトで順次紹介されます。お問い合わせはアグリビジネス創出フェア2024事務局までお願いします。詳細情報はウェブサイト(https://agribiz.maff.go.jp/2024/)でご確認ください。

今回の「アグリビジネス創出フェア2024」は、全国の研究機関や企業が一堂に会し、最新の技術や研究成果を共有する貴重な機会です。

⇒ 詳しくは農林水産技術会議のWEBサイトへ