労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 東京電力エナジーパートナーが展開する2024年度の総合的な省エネ支援プログラム エネルギーコスト削減と環境負荷低減を目指す企業向けの施策

2024年5月3日

労務・人事ニュース

東京電力エナジーパートナーが展開する2024年度の総合的な省エネ支援プログラム エネルギーコスト削減と環境負荷低減を目指す企業向けの施策

TEPCO省エネプログラム TEPCOカーボンニュートラルサポート2024(省エネ設備導入サポート)(東京電力エナジーパートナー)

東京電力エナジーパートナーが提供する省エネプログラム2024は、エネルギー効率の改善とコスト削減を目指す企業向けの支援策として、多岐にわたるサービスを展開しています。このプログラムは、特に電力需給の安定と地域密着型のエネルギー社会の構築を促進することを目的としています。

本プログラムでは、蓄熱設備の制御システムの更新や高効率の空調システムの導入を支援し、これにより企業の電気料金の負担を軽減します。例えば、改修された蓄熱設備は、TEPCOのデマンドレスポンスプログラムに対応可能となり、最大200万円の支援が受けられます。また、ビル用マルチエアコンの制御システムの新規設置にも最大30万円の補助が設けられています。

さらに、太陽光発電設備についても支援が充実しており、新設や増設に対してはパネルの出力あたり最大26,500円の支援を提供。これにより、再生可能エネルギーの導入を促進し、環境負荷の低減を図ります。

申請期間は2024年6月3日から2024年12月27日までで、その後の設置報告期間は2024年10月1日から2025年12月26日までとなっています。これにより、計画的に省エネ設備を導入し、その効果を確実に報告する体制が整っています。

また、省エネの効果を定着させるために、省エネ診断や空調機器の洗浄サービスも提供されています。これらのサービスを通じて、設備の最適化と運用改善を図り、さらなるエネルギー効率の向上をサポートします。

東京電力エナジーパートナーは、これらの支援策を通じて、顧客企業がエネルギー使用を最適化し、持続可能な社会づくりに貢献することを目指しています。この取り組みは、経済的負担の軽減だけでなく、環境に優しい企業活動を促進することにも繋がります。

⇒ 詳しくは東京電力エナジーパートナーのWEBサイトへ