ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 物価上昇への対応強化、四日市市が介護施設支援金を発表

2024年2月17日

労務・人事ニュース

物価上昇への対応強化、四日市市が介護施設支援金を発表

四日市市 令和5年度 物価高騰対策緊急支援金(介護保険サービス事業所等)

四日市市では、介護保険サービスを提供する事業所や施設に対して、経済的な負担を軽減するための支援策を講じています。この支援は、物価の上昇によって特に影響を受ける食材費や電気料金などの経費増加分を補助するものです。詳細な支援内容や申請方法については、四日市市が設けた専門の窓口である「四日市市物価高騰対策緊急支援金事務局」にて案内しています。

支援の対象となるのは、四日市市内に位置する介護サービス事業所や施設であり、支援金の額はサービス提供に必要な食材や電気などの費用増加分に応じて決定されます。申請期間については、令和6年3月31日までと設定されており、不備がないようにするため、3月22日までに申請を完了させることが推奨されています。

申請手続きは、四日市市が提供する電子申請システムを通じて行われます。必要な書類をデジタル形式でアップロードし、指定されたウェブサイトから申請することができます。対象となる事業所の種類には、訪問介護や通所介護、入所施設などが含まれ、それぞれに応じた支援額が設定されています。

この取り組みは、物価の上昇に伴う経済的な負担を軽減し、市内の介護サービスの質を維持することを目的としています。詳細な情報や申請に必要な書類、手続きの流れなどは、「四日市市物価高騰対策緊急支援金事務局」のウェブサイトまたは直接の問い合わせによって確認することができます。

四日市市は、この支援金によって、介護サービス事業所や施設が直面する経済的な課題に対処し、地域社会の福祉の向上に貢献することを期待しています。事業所や施設の運営者は、この機会を活用して、サービスの質を維持しつつ、経済的な負担を軽減することが可能です。

⇒ 詳しくは三重県四日市市のWEBサイトへ