ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 現金給与総額 279,172 円(1.5%増)毎月勤労統計調査 令和5年10月分結果速報(厚労省)

2023年12月19日

労務・人事ニュース

現金給与総額 279,172 円(1.5%増)毎月勤労統計調査 令和5年10月分結果速報(厚労省)

令和5年10月の勤労統計調査によると、全体の賃金や労働時間の動向が明らかになりました。

賃金の概要では、平均の現金給与総額は279,172円で、1.5%の増加を見せました。一方で、一般労働者は363,226円と1.6%増加し、パートタイム労働者の平均給与は103,132円で3.2%増加しています。特に注目すべきは、時間当たりの給与が1,293円で3.8%増加した点です。

労働時間に関しては、総実労働時間が138.2時間で0.7%増加しました。一般労働者の場合は166.4時間で1.3%増、パートタイム労働者は79.3時間で0.5%の減少となっています。

雇用面では、常用雇用指数が1.9%増の104.6になり、特にパートタイム労働者の増加が顕著です。パートタイム労働者比率も32.39%に上昇しています。

調査対象事業所の変更に伴い、断層が生じる場合がありますが、これらの数値は経済の現状を反映する重要な指標です。今後も市場の動向を注意深く見守る必要があります。

⇒ 詳しくは厚生労働省のWEBサイトへ