労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 環境白書2024発表!新たな成長とウェルビーイングを目指す施策

2024年6月18日

労務・人事ニュース

環境白書2024発表!新たな成長とウェルビーイングを目指す施策

令和6年版環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書の公表について(環境省)

2024年6月7日、令和6年版の環境白書、循環型社会白書、生物多様性白書が閣議決定され、公表されました。今年の白書は、自然資本の充実と環境価値を通じた「新たな成長」による「ウェルビーイング/高い生活の質の向上」をテーマにしています。これは、第六次環境基本計画を基にしたもので、環境保全を通じた国民の生活の質の向上を目指しています。

第六次環境基本計画は、気候変動や生物多様性の損失、汚染といった世界的な環境問題に対処するための長期的な施策を掲げています。この計画は、環境の質を向上させることで経済社会の成長を実現する「循環共生型社会」を目指しています。今回の白書では、この計画の内容を中心に、最近の環境状況や施策についても概説されています。

令和6年版の白書のポイントとして、第1章では、第六次環境基本計画に基づき、現在直面している環境危機や日本の経済社会の構造的問題について述べ、環境政策の大きなビジョンと今後の施策の方向性を示しています。第2章では、気候変動や生物多様性の損失、汚染という三つの世界的危機に対する最新の動向と施策を紹介し、これらの問題の相互依存性を認識しながら、自然再興・炭素中立・循環経済の統合とシナジーを図ることの重要性を述べています。

第3章では、環境をきっかけとして地域や住民の暮らしを豊かにし、ウェルビーイングへとつなげる「地域循環共生圏」やライフスタイルシフトなどの取り組みについて紹介しています。第4章では、東日本大震災や原発事故の被災地における環境再生の進捗と、未来志向の復興への取り組みが紹介されています。

これらの白書は、法律に基づき国会に提出される年次報告書ですが、環境問題の全体像を分かりやすく示すため、3つの白書を一つにまとめて編集されています。さらに、印刷工程で発生する二酸化炭素は、環境省の「オフセット・クレジット制度」を利用してオフセットしています。

白書の閲覧方法としては、環境省ウェブサイトでPDFデータが掲載されるほか、HTML形式のデータも7月上旬以降に公開される予定です。また、冊子は政府刊行物センターや取扱書店で購入でき、電子書籍版はKindleや楽天Koboで1年間無料で配信される予定です。

今後、環境省では白書に関する「白書を読む会」を開催し、英語版も秋頃を目処にウェブサイトで公開する予定です。

⇒ 詳しくは環境省のWEBサイトへ