労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 生成AI時代のDX推進に必要なスキルと人材とは?2024年版

2024年7月8日

労務・人事ニュース

生成AI時代のDX推進に必要なスキルと人材とは?2024年版

「生成AI時代のDX推進に必要な人材・スキルの考え方2024」~変革のための生成AIへの向き合い方~ を取りまとめました(経産省)

経済産業省は、2024年6月28日に「生成AI時代のDX推進に必要な人材・スキルの考え方2024」 ~変革のための生成AIへの向き合い方~を発表しました。この取りまとめは、デジタル時代の人材政策に関する検討会の議論をもとに作成されました。

生成AIの技術は、生産性の向上や社会課題の解決に大きなビジネスチャンスをもたらすと期待されています。2023年8月には、生成AIを効果的に活用するための人材とスキルについて検討会で集中的に議論が行われ、「生成AI時代のDX推進に必要な人材・スキルの考え方」がまとめられました。その後、生成AI技術の急速な進展に伴い、国内企業の導入が進んでいますが、まだ多くの課題が残っています。

2023年10月以降、企業や専門家からのヒアリングを経て、生成AIの利活用を妨げる課題とその解決策、生成AI時代のDX推進に必要な人材のスキル、そして政策対応が取りまとめられました。

この取りまとめのポイントは以下の通りです。

生成AIの利活用は、開発者や企業の努力により進展していますが、日常業務への組み込みや新サービス創出、経営層の積極的な関与にはまだ課題があります。これを克服するためには、生成AIへの理解を深め、経営層がビジョンと方針を明確に定めることが重要です。さらに、推進人材のスキルをデータに基づいて定義し、教育と実践の場を提供する必要があります。

生成AI時代のDX推進人材には、より創造性の高い役割が求められます。リーダーシップや批判的思考、ビジネス・デザインスキルが重要であり、「問いを立てる力」や「仮説を立て・検証する力」、「評価する・選択する力」が必要です。

具体的なスキルとしては、ビジネスアーキテクトには適切な選択と評価の力、デザイナーには問題解決能力と顧客体験の追求、データサイエンティストには利活用スキルや技術・倫理への対応力、ソフトウェアエンジニアにはAIツールの活用スキルや対人スキル、サイバーセキュリティ担当者にはリスク評価とコミュニケーションスキルが求められます。

経済産業省は、「デジタルスキル標準(DSS)」や「デジタルガバナンス・コード」の見直し、AI学習機会の拡大、継続的な学びの実現に向けた環境整備など、具体的な対応策を進めていきます。

生成AI時代のDX推進に向けたこれらの取り組みは、企業や社会全体にとって重要なステップとなるでしょう。今後も経済産業省は、生成AIを効果的に活用できる人材の育成と環境整備に努めていく予定です。興味のある方は関連資料を参照し、詳細を確認してください。

⇒ 詳しくは経済産業省のWEBサイトへ