ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 石川県の復興を支える 能登や石川を応援しよう!消費促進プロジェクト

2024年2月19日

労務・人事ニュース

石川県の復興を支える 能登や石川を応援しよう!消費促進プロジェクト

能登のために、石川のために応援消費おねがいプロジェクト(石川県)

令和6年に発生した能登半島地震の影響で、能登地域をはじめ、金沢市南部など石川県内の多くの地域で、飲食業や観光業、地元産品の製造・販売に携わる事業者が売上の大幅な減少に直面しました。この厳しい状況に対処するため、石川県は地域産業を支援し、消費を促進するための取り組みを立ち上げました。その一環として、2月1日より「能登や石川を応援しよう!消費促進プロジェクト」を始動しました。このプロジェクトでは、共通のロゴを用いて、消費者に地域産業への支援を呼びかけています。

このロゴは、漆器の伝統を象徴するハート形でデザインされ、「JAPAN HEART」の名の下に、漆器特有の赤や金沢の金箔をイメージした金色を採用しました。このマークは、地域復興への支援、努力、そして感謝の気持ちを表しています。ロゴは、飲食店や販売店などが自由に使用でき、店舗や商品への貼付を通じて、地元への支援を促す目的があります。さらに、2月9日には、印刷用のシートやSNSプロフィール用画像が追加で提供されました。

このロゴを使うには特別な手続きは必要なく、誰もが無料で利用できます。ただし、ロゴの変形や分解、色や書体の変更は避け、公開されている使用上の注意を守る必要があります。ロゴは、「このお店は能登を応援しています」「買って応援、ありがとう」「食べて応援、ありがとう」「飲んで応援、ありがとう」といったメッセージを伝えるためにも用意されており、店舗での表示や商品への貼付けに加え、家庭のプリンターやコンビニのプリントサービスを利用しての印刷も可能です。

この取り組みは、地震の影響を受けた地域産業の復興を目指し、事業者と消費者が一致団結して困難を乗り越えようとする石川県の意志を示しています。地域全体で支援し合い、一日も早い復興を目指すこのプロジェクトに、多くの人々が参加し、能登や石川県のために力を合わせていくことが期待されています。

⇒ 詳しくは石川県のWEBサイトへ