ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 福岡市から事業者への支え 燃料・光熱費上昇に対する経済支援

2024年2月8日

労務・人事ニュース

福岡市から事業者への支え 燃料・光熱費上昇に対する経済支援

福岡市緊急経済対策⽀援 燃料費等⾼騰の影響を受けた事業者支援事業

福岡市が展開する、地元事業者への積極的な経済支援策についてご紹介します。この取り組みは、燃料費や光熱費の上昇に直面している中小企業や個人事業主を対象に、経済的負担を軽減するための助成金プログラムです。令和5年10月から令和6年4月までの期間、経営に必要な燃料や光熱のコスト上昇分を一定範囲で補助し、事業の持続可能性と雇用の安定を図ることが目的です。

具体的には、福岡市は、事業で使用する電気、ガソリン、灯油などのコスト上昇分を計算し、それに基づいて最大で60万円までの支援金を提供します。この計算は、指定された期間内に使用した量と上昇した単価をもとに行われ、対象経費の半額が補助される形です。

申請期間は、令和6年2月1日から3月30日までとなっており、この間にオンラインまたは郵送で申請が可能です。特に、オンライン申請では、手続きを迅速に行うことができ、申請から最短10分で完了することが特徴です。

注意すべき点として、この支援金は税金の対象となるため、受け取った後の申告が必要になります。また、一事業者あたりの申請は一度きりと限定されているため、計画的な申請が求められます。

この支援策は、緊急経済対策の一環として福岡市が立ち上げたもので、地域経済の活性化と事業者の支援を目的としています。事業を営む上での負担軽減に加え、事業の持続と発展を促すことで、より豊かな地域社会の実現を目指しています。

⇒ 詳しくは福岡市のWEBサイトへ