ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 福岡県、第2期 電力高騰支援金の提供を開始!中小企業等への経済的負担軽減へ

2024年2月9日

労務・人事ニュース

福岡県、第2期 電力高騰支援金の提供を開始!中小企業等への経済的負担軽減へ

福岡県中小企業等特別高圧受電契約者支援金

福岡県内の中小企業等を支援するため、特別高圧電気料金の高騰に伴う負担を軽減する支援金の給付が開始されました。この支援は、燃料費の上昇によって経済的な負担が増大した県内の中小企業や施設が対象です。支援金の給付には、福岡県が提供する電子申請サービスへの登録と、債権者番号の取得が必要です。この番号を取得するには約2週間かかるため、余裕をもって手続きを進めることが推奨されます。

支援金は2023年4月から9月までの期間に使用した電気量に基づき、計算されます。申請の受付は2024年2月1日から7月31日までとなっており、給付金の対象となるのは、福岡県内で特別高圧電力を使用している中小企業や施設です。ただし、暴力団関係者や福岡県が定める特定の補助金対象外の施設は除かれます。

給付金の算出は、使用した電気量に給付単価を乗じた金額で、特定の期間内に検針された電気使用量が基準となります。また、テナント事業者への分配を含む一定の事務手数料も給付の対象とされています。

申請はオンラインで行われ、初回と2回目以降の申請では必要な書類が異なるため、詳細を確認することが重要です。また、既に支援金を受け取った事業者は、指定された方法で再申請する必要があります。この支援金制度は、電力価格の高騰による経済的負担を軽減し、県内の中小企業等の事業継続を支援することを目的としています。

⇒ 詳しくは福岡県のWEBサイトへ