ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 福岡県で外国人労働者数が過去最高を記録 令和5年10月末時点

2024年2月11日

労務・人事ニュース

福岡県で外国人労働者数が過去最高を記録 令和5年10月末時点

福岡県 外国人労働者数は約6万5千人 過去最高を更新

福岡県における外国人労働者の最新の雇用状況が発表されました。この情報は、福岡労働局から提供されたもので、令和5年10月末のデータに基づいています。現在、県内で働く外国人労働者の人数は約65,000人に達しており、これは過去最高の数値です。この数値は、前年と比較して約7,600人、すなわち13.2%増加しています。外国人を雇用している事業所の数も、11,349か所に上り、これも過去最高を記録しています。

外国人労働者を雇用する際には、氏名や在留資格、在留期間、在留カード番号などの情報を確認し、厚生労働大臣へ報告することが求められています。この制度は、外国人労働者の適切な雇用管理と再就職支援を目的としています。

国籍別に見ると、ベトナム出身者が最も多く、全体の約31.1%を占めています。次いでネパール、中国、フィリピンの順に多く、これらの国からの労働者が福岡県の労働市場に大きく貢献していることがわかります。在留資格別では、「留学」の資格で働いている人が最も多く、次に「技能実習」と「専門的・技術的分野」が続きます。

さらに、産業別に見ると、外国人労働者は「製造業」で最も多く働いており、その他「卸売業、小売業」や「サービス業」でも多くの外国人が活躍しています。また、外国人を雇用する事業所の大半は「30人未満」と比較的小規模であることが明らかになりました。

このように、福岡県における外国人労働者の雇用状況は、地域経済にとって重要な役割を果たしていることが確認されました。外国人労働者の増加は、地域社会の多様性を高めるとともに、さまざまな産業における人手不足の解消に貢献しています。

多様性を受け入れる福岡県の労働市場 外国人雇用状況の分析

福岡県における外国人労働者の増加は、県の労働市場に複数の重要な影響を与えています。以下に、その主な影響を詳細に説明します。

労働力不足の緩和
福岡県では、特に製造業、卸売業・小売業、サービス業などで人手不足が顕著になっています。外国人労働者の増加は、これらの産業における労働力供給を増やし、地域経済の成長を支える重要な役割を果たしています。特に技能実習生や専門的・技術的分野での外国人労働者は、専門スキルを持つ人材として貢献しています。

経済の活性化
外国人労働者は、消費者としても地域経済に貢献しています。彼らの生活消費は、住宅、食品、交通といった地元のサービス業に需要をもたらし、経済活動を促進しています。また、多様な文化背景を持つ労働者がもたらす新しいアイデアや視点は、ビジネスの革新や新しい市場の開拓にもつながります。

社会の多様性の促進
福岡県の労働市場における外国人労働者の存在は、地域社会の多様性を高める効果もあります。異なる文化や価値観が交流することで、地域社会がより開かれたものになり、相互理解と協力の精神が育まれます。これは、国際化が進む現代社会において、非常に価値ある変化と言えるでしょう。

労働市場の構造変化
外国人労働者の増加は、福岡県の労働市場の構造にも影響を及ぼしています。例えば、外国人労働者が多く就業する産業や職種では、労働市場の需要と供給のバランスが変わり、賃金や就業条件に変化が生じる可能性があります。また、外国人労働者を適切に受け入れ、管理するための制度や支援体制の整備が、企業や地方自治体にとって重要な課題となっています。

再就職支援と雇用管理の改善
外国人労働者の雇用状況を把握することは、外国人の雇用の安定や職業生活の充実を図る上で欠かせない要素です。福岡県における届出制度の徹底は、外国人労働者の適切な雇用管理と再就職支援につながり、労働市場全体の健全な発展を促進しています。

以上のように、福岡県での外国人労働者の増加は、労働市場の緩和から経済活性化、社会の多様性促進、労働市場構造の変化、再就職支援と雇用管理の改善に至るまで、多面的な影響を及ぼしています。これらの効果は、県の持続可能な発展に寄与すると同時に、新たな課題の解決に向けた取り組みを必要としています。

⇒ 詳しくは福岡労働局のWEBサイトへ