労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 福岡県 山間・過疎地域の未来を支える、地域コミュニティ活性化支援事業の詳細

2024年5月10日

労務・人事ニュース

福岡県 山間・過疎地域の未来を支える、地域コミュニティ活性化支援事業の詳細

令和6年 福岡県 地域コミュニティ活性化支援事業補助金の市町村の募集

2024年4月24日に更新された情報によると、山間部や過疎地域での暮らしを支えるために、地域コミュニティ活性化支援事業補助金の募集が開始されました。この補助金は、地域の住民が自ら生活支援機能を統合し、地域資源を活用して継続可能な生活を送ることを目指す「小さな拠点」の形成を目的としています。

令和5年度からは、地域コミュニティの運営負担を軽減し、担い手不足やその他の課題を解決するための財政支援も行われています。これにより、地域の活性化と持続的な運営が期待されます。

希望する団体は、添付された資料を参照し、指定された期間内に申請する必要があります。主に、市町村や地域運営組織がこの補助金の申請者となります。これらの組織は地域住民が主体となり、地元の行政や事業体と協力して地域の課題に取り組むことが求められています。

補助金は、必要経費の一部をカバーする形で提供され、その上限は事業によって異なります。具体的には、間接補助金対象経費の半分以内、上限1000千円または500千円が設定されています。

申請に際しては、事業計画書や収支予算書など、必要な書類の提出が必須となります。申請の受付は令和6年4月24日から6月10日までとされており、その間に提出を完了させることが求められます。

なお、申請内容は審査され、県の予算内で事業が採択されるため、申請書類の正確な準備と期間内の提出が重要です。不明点がある場合は、質疑票を用いて問い合わせることが推奨されています。

この補助金は、過疎や特定農山村、離島など、特に支援が必要な地域の発展と持続性を支えるための重要な取り組みです。地域全体の利益のために、これらの資金を効果的に利用することが期待されています。

⇒ 詳しくは福岡県庁のWEBサイトへ