労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 福島市の食品事業者へ朗報!米粉を活用した商品生産に最大10万円を支援

2024年4月28日

労務・人事ニュース

福島市の食品事業者へ朗報!米粉を活用した商品生産に最大10万円を支援

令和6年 福島市 米粉等を活用した商品開発・生産を支援します

福島市では、地元産の米粉を活用した新たな商品開発や生産を積極的に促進しています。この取り組みは、小麦粉の代わりとしての米粉の使用を広げることを目的としており、地元の事業者への支援を通じて地域経済の活性化を図ることが狙いです。

具体的には、福島市産の米粉を使った新商品の開発や生産を行う事業者に対して、経費の一部を補助する制度を設けています。この補助金は、試作品の原材料費、商品デザインの作成費、そして新商品の広告宣伝費など、商品開発にかかる実費を支援するものです。

補助金の額は、申請ごとに最大10万円までとなっており、それぞれの事業の実費に応じて支給されます。また、生産支援としては、米粉やうるち米、玄米、もち米など、福島市産の原材料を使用した場合、その購入量に応じて補助金が計算されます。例えば、うるち米を10kg使用した場合、1キログラム当たりの補助額に基づいて補助金が支給される仕組みです。

申請資格は、福島市内で食品加工や製造を行っている事業者が対象となります。これには、製パン業者や製麺業者、菓子店、街のパン屋などが含まれます。補助を受けるための条件として、市税の完納、福島市産の米粉を2割以上使用すること、申請期間内に支払いを完了していることなどが求められます。

支援事業の申請期間は、第1期が令和6年4月1日から8月31日まで、第2期が令和6年9月1日から令和7年3月7日まで設定されています。申請方法については、必要書類を添えて、電子メールまたは郵送、あるいは直接農業企画課の窓口に持参することで行えます。

このような支援制度を設けることで、福島市は地元の農産物を活用した新たなビジネスチャンスの創出を促し、地域経済の更なる発展を支えています。地元事業者の皆様には、この機会を最大限に活用していただきたいと考えています。

⇒ 詳しくは福島市役所のWEBサイトへ