ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 福島県 令和5年 台風13号 事業再建の補助!台風被害中小企業・小規模事業者向け補助金

2024年2月8日

労務・人事ニュース

福島県 令和5年 台風13号 事業再建の補助!台風被害中小企業・小規模事業者向け補助金

福島県 被災中小企業等復旧支援事業補助金

台風13号による大雨で被害を受けた小規模および中小企業を支援するための補助金制度が設けられました。この制度は、被災した事業所の復旧を早急に進めることを目的に、必要な修繕や設備の購入にかかる費用の一部を補助します。対象となるのは、令和5年9月8日の台風により損害を受け、公的な証明を得ている事業者です。復旧に関わる施設や設備、車両の修繕・購入費用が補助の対象となりますが、資産として計上されたものに限ります。

補助金の申請資格は、災害による損害の大きさにかかわらず、中小企業基本法に基づく中小企業者や小規模事業者に限られています。ただし、農業、林業、漁業、風俗関連業種など、特定の業種は対象外です。補助金の額は中小企業者に対しては最大200万円まで、小規模事業者に対しては補助対象経費の2/3以内となっており、これにより事業の迅速な復旧を目指します。

事業継続計画(BCP)の策定や、事業継続力強化計画の策定が補助金の条件となっています。これらの計画は、自然災害やその他の緊急事態が発生した際に事業を継続するための方針や手段を定めたものです。また、補助金を受け取る事業者は、事業完了後5年間の追跡調査に協力する必要があります。

申請期間は令和6年2月1日から5月31日までとなっており、予算の範囲内での受付となるため、予算が尽き次第申請は締め切られます。申請は各地域の商工団体を通じて行うことができ、詳細は『被災中小企業等復旧支援事業補助金事務局』のウェブサイトで確認できます。

この補助金制度は、台風13号による大雨で打撃を受けた事業者が一日も早く通常の業務を再開できるようにするための支援策です。経済活動の早期復旧が期待される中、多くの事業者にとって有効な手段となることでしょう。

⇒ 詳しくは福島県のWEBサイトへ