労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 職務給導入と配偶者手当見直しセミナー、令和6年6月27日より開始

2024年6月13日

労務・人事ニュース

職務給導入と配偶者手当見直しセミナー、令和6年6月27日より開始

引用 厚生労働省 配偶者手当の見直し、職務給の導入を始めとする民間企業の賃金制度見直し促進のための広報事業 より

配偶者手当と賃金制度の見直しセミナーについて(厚労省)

令和6年6月27日から令和7年1月まで、民間企業の配偶者手当や賃金制度の見直しに関するセミナーが開催されます。このセミナーは、労働者や事業主を対象に、配偶者手当の見直しや職務給の導入についての理解を深めることを目的としています。

セミナーでは、まず職務給の導入に関するポイントやメリットについて解説します。職務給とは、従業員の職務内容や責任に応じて給与を決定する制度であり、従来の年功序列型の給与制度に代わる新しい形として注目されています。導入にあたっては、具体的なステップや留意点がありますが、これを実際に導入している企業の事例を交えながらわかりやすく説明します。職務給の導入によって、企業は従業員のモチベーションを高め、効率的な人材配置を実現することが期待されています。

次に、配偶者手当の見直しについても詳しく解説します。配偶者手当は、多くの企業で支給されている手当の一つですが、近年の労働環境の変化に伴い、その在り方が見直されつつあります。配偶者手当の見直しにあたっては、まず現行制度の問題点を洗い出し、どのような変更が必要かを検討する必要があります。

このセミナーでは、見直しの手順や具体的な進め方をフローチャートを用いて丁寧に解説し、年収の壁や強化支援パッケージについても紹介します。年収の壁とは、一定の年収を超えると配偶者の扶養控除が受けられなくなる制度のことを指し、この壁を超えることで生じるデメリットを回避するための具体的な対策も提案されます。

さらに、セミナー終了後には、賃金制度などに関する個別相談会も開催されます。相談会では、専門家が参加者の具体的な疑問や問題に対して個別にアドバイスを提供します。これにより、各企業が自社の状況に合わせた最適な賃金制度の見直しを進めることができます。

今回のセミナーの日程は、令和6年6月27日から令和7年1月までの期間中、複数回にわたって開催されます。具体的な開催日は、専用ウェブサイトで随時更新されるため、参加希望者は適宜確認することが推奨されます。セミナーは、13時30分から15時40分までの2時間10分間(10分間の休憩含む)で行われ、終了後の個別相談会は15時50分から16時50分までの1時間です。開催形式は対面およびオンラインの両方に対応しており、参加者の都合に合わせて選択可能です。

参加費は無料であり、申し込みは専用ウェブサイトまたはFAXで行えます。FAX申込用紙は、委託先のランゲート株式会社のウェブサイトからダウンロード可能です。セミナーは、労働者や事業主だけでなく、賃金制度や配偶者手当の見直しに関心のある方ならどなたでも参加可能です。

このセミナーは、企業が賃金制度を見直し、労働環境の改善を図るための重要な機会です。多くの企業が参加し、最新の情報を基に自社の制度を見直すことで、より働きやすい職場環境を実現することが期待されます。また、個別相談会では、専門家から直接アドバイスを受けることができるため、具体的な改善策を見出すことができます。

今回のセミナーは、労働者や事業主にとって非常に有益な内容が盛りだくさんです。配偶者手当や賃金制度の見直しに興味のある方は、ぜひこの機会を活用して、最新の情報と具体的な改善策を学んでください。

⇒ 詳しくは厚生労働省のWEBサイトへ