労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 職場での不妊治療支援のためのマニュアルとハンドブックの活用方法

2024年4月26日

労務・人事ニュース

職場での不妊治療支援のためのマニュアルとハンドブックの活用方法

不妊治療と仕事との両立について(厚労省)

不妊治療と職場での仕事を両立させるためには、理解ある環境づくりが必要です。このため、従業員や企業が利用できる様々な資料やツールが提供されています。こうした取り組みには、不妊治療を受けている従業員が治療の事実を企業に伝えやすくする「不妊治療連絡カード」が含まれます。

このカードを使用することで、従業員は不妊治療に関する特別な配慮や支援を求めることができ、企業はそのニーズに応じた対応を行うことが可能です。

また、職場で不妊治療を受けている従業員を支援するためのマニュアルやハンドブックも存在します。これらの資料は、不妊治療と仕事のバランスを取りながら、効果的に職務を遂行する方法を提供します。例えば、「不妊治療と仕事との両立サポートハンドブック」では、具体的な支援策や制度の活用方法が紹介されており、従業員だけでなく、人事担当者や管理職にも役立つ情報が満載です。

さらに、不妊治療専門相談センターの相談員向けに作成された研修資料もあります。これらの資料は、元々専門家向けに作られたものですが、企業内研修などで広く一般の従業員にも提供されるようになっています。これにより、企業全体が不妊治療を受けている従業員に対してより理解を深め、支援を充実させることが期待されます。

このように、不妊治療を受けながら働き続けることは多くの挑戦を伴いますが、適切なツールとサポートが整えられていれば、従業員は安心して治療と仕事を両立させることが可能です。これからも、企業や社会全体でこのような支援体制を充実させていくことが重要です。

⇒ 詳しくは厚生労働省のWEBサイトへ