ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 育児休暇制度の利用と課題 連合の最新調査からの洞察

2024年1月26日

労務・人事ニュース

育児休暇制度の利用と課題 連合の最新調査からの洞察

仕事と育児の両立支援制度に関する意識・実態調査2023(連合)

東京都に拠点を置く日本労働組合総連合会(通称:連合)は、職業と育児のバランスに関する新たな調査結果を発表しました。この調査は、2023年8月10日から16日までの間にインターネットを通じて行われ、小学生以下の子どもを持つ20歳から59歳の男女1,000人が回答しました。

調査によると、多くの労働者が育児休業を利用しており、特に「育児休業」を利用した人は41.9%に上ります。しかし、育児休業を取得しなかった主な理由として「職場環境が利用に適していない」と「所得の減少」が挙げられています。また、女性のキャリア発展を妨げる要因として「保育所や学童保育の不足」や「職場復帰後のサポートの欠如」が指摘されています。

さらに、労働者の多くが、政府の推奨する「共働き・共育て」政策を実現するためには、「育児休業給付金の増額」や「フレックスタイム制の導入」など、より柔軟な労働環境の整備が必要だと考えています。

この調査結果は、日本における仕事と育児の両立支援制度の現状と課題を浮き彫りにしており、働く親にとってより良い環境を整えるための重要な指標となります。

⇒ 詳しくは日本労働組合総連合会のWEBサイトへ