ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 脱炭素社会へ一歩前進!豊岡市、企業の太陽光発電導入を補助

2024年2月17日

労務・人事ニュース

脱炭素社会へ一歩前進!豊岡市、企業の太陽光発電導入を補助

兵庫県豊岡市 2024年度 太陽光発電システム(事業者用)の設置を補助します(~2025年2月28日)

2024年度において、脱炭素社会の実現に向けた一環として、企業向け太陽光発電設備の導入支援が行われています。この支援策は、再生可能エネルギーへの移行を促し、環境にやさしい社会づくりに貢献することを目的としており、対象となる企業には設備導入費用の一部が補助されます。

この制度は、2024年2月1日から2025年2月28日までの期間に申し込みを受け付けていますが、予算がなくなり次第終了するため、早めの行動が推奨されます。補助金の額は、太陽光パネルの出力1kWあたり3万円で、最大20kWまでの設備に対して支給される予定です。

この補助金を受けることができるのは、豊岡市内に事業所や店舗を構え、2025年3月31日までに成果報告が可能な企業に限られます。また、50kW未満の設備を設置する企業であれば、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)の契約者でも申請が可能です。

補助対象となるのは、太陽光パネルや架台、インバーターなどの購入および設置に関わる費用で、市内に登録された事業者が自社の建物に設置する場合は、機器購入費のみが対象となります。申請は、工事開始の10日前までに豊岡市の脱炭素推進部門に書類を提出する必要があり、提出方法は持参、郵送、地域振興課の窓口で可能です。

ただし、補助金の交付決定前に工事を開始した場合や、書類に不備がある場合は補助の対象外となるため、申請には注意が必要です。また、申請書類としては、補助金申請書や市税の納税証明書、工事請負契約書の写し、費用内訳がわかる書類などが必要になります。

この制度は、完全自家消費型や余剰電力の販売を含む形態の太陽光発電システムに限定されており、過去に同補助金を受けたことがない企業が対象です。豊岡市内の特定の景観保護区域では、設置にあたって市との事前協議が求められる場合もあります。

この補助金制度を活用することで、企業は環境保護に貢献しつつ、エネルギーコストの削減にもつながる可能性があります。緑豊かな未来を目指し、この機会に太陽光発電の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

⇒ 詳しくは兵庫県豊岡市のWEBサイトへ