労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 自転車利用促進で功績を挙げた企業と個人を称える表彰式、5月29日に国土交通省で開催、延べ1万人以上に影響

2024年6月3日

労務・人事ニュース

自転車利用促進で功績を挙げた企業と個人を称える表彰式、5月29日に国土交通省で開催、延べ1万人以上に影響

令和6年度 自転車活用推進功績者表彰「自転車通勤推進企業」宣言プロジェクト「優良企業」認定 合同表彰式を開催します!(国交省)

令和6年5月29日、自転車活用推進本部は「自転車通勤推進企業」宣言プロジェクトの優良企業認定と自転車活用推進功績者の表彰を行います。この合同表彰式は国土交通省の10階共用会議室で行われ、自転車アンバサダーである稲村亜美さんが司会を務めます。式は13時から開始され、30分間の予定です。

今回の表彰では、自転車の利用促進に貢献した個人や団体、企業が表彰されます。受賞者の一人である古倉宗治さんは、自転車政策の研究や自転車の放置問題、安全利用方策の調査を通じて、長年にわたり自転車利用促進に尽力してきました。また、大阪府の堺自転車のまちづくり・市民の会は、自転車利用促進と交通安全啓発を推進する活動を行い、4万人以上に啓発し、3万部以上の自転車地図を配布しています。

新潟県のツールド妻有実行委員会は、サイクリングイベント「TOUR DE TSUMARI」を企画運営し、地域の魅力を発信する活動を行っています。さらに、神奈川県の株式会社T-FORESTRYは、初心者向けのマウンテンバイク施設「フォレストバイク」を運営し、年間5,000人が利用するなど、マウンテンバイクの普及に貢献しています。鳥取県西部ブランディングプロジェクト「大山時間」は、サイクルツーリズムを推進し、地域ブランドの確立やサイクリストの受け入れ環境整備を行っています。

「自転車通勤推進企業」宣言プロジェクトの優良企業として認定されるのは、大阪府の株式会社あさひと神奈川県の有限会社クリオシティです。株式会社あさひは、自転車通勤を支援するためのガイド発信や従業員向けの交通安全講習会を実施し、福利厚生も充実させています。一方、有限会社クリオシティは、自転車部品の割引購入や安全教育に注力し、従業員が安全に自転車を利用できる環境を整えています。

表彰式では、自転車の利用促進と通勤における安全な自転車利用を推進する企業や個人を称える場として、多くの参加者が見込まれます。自転車の利便性と環境保全の観点から、自転車通勤がより一層推奨されることが期待されています。

この表彰式は、自転車の利用促進に対する企業や個人の貢献を認めるとともに、自転車通勤の重要性を再確認する機会となります。自転車を利用した通勤は、交通渋滞の緩和や環境負荷の軽減、健康増進にも寄与するため、社会全体でその普及が求められています。

今後も自転車活用推進本部は、自転車の利用促進に向けた様々な取り組みを進めていく予定です。表彰式での受賞者の活動が、さらなる自転車利用の広がりに繋がることを願っています。

⇒ 詳しくは国土交通省のWEBサイトへ