ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 諫早市、地域経済を後押しするプレミアム商品券支援事業を展開

2024年1月20日

労務・人事ニュース

諫早市、地域経済を後押しするプレミアム商品券支援事業を展開

長崎県諫早市 「まちなか魅力拡大支援事業」(令和5年度)

地域の商業活動を促進し、物価の上昇に直面している住民や企業をサポートするため、諫早市は特別な取り組みを展開しています。この取り組みは、地元商店街や事業者団体が主導する「プレミアム付き商品券」の発行を後押しすることを目的としています。この商品券は、消費者が地域内での買い物をさらにお得に感じられるよう、購入額以上の価値を持つよう設計されています。

対象となるのは、諫早商工会議所や諫早市商工会、地元で活動する商店街組合、事業協同組合、広域的な地域経済の活性化を目指す団体、5つ以上の事業者で構成される組織、または市内で複数の支店や店舗を運営する事業者です。これらの団体や事業者が行うプレミアム付き商品券の発行に関わる費用の一部が、市からの補助を受けることができます。具体的には、商品券のプレミアム分相当額や、発行・販売・広報にかかる事務費が対象となります。

補助金を受けるためには、諫早市内で利用可能な店舗や事業所でのみ使用できる商品券を発行し、その使用期間を定める必要があります。また、プレミアム率は30%以内に設定し、購入者一人あたりのプレミアム相当額の上限を15,000円にするなど、複数の要件を満たす必要があります。

事前相談期間は2024年1月19日から2月5日17時まで設定されており、この期間内に諫早市緊急経済対策室への連絡と、意向調査書の提出が求められます。申請受付期間は2024年2月1日から11月29日までとなっており、予算の範囲内での先着順による申請受付が行われます。

この支援事業は、地域経済の活性化を図ると共に、消費者にとってもメリットのある制度です。商店街や事業者はこの機会を利用して、地域内での消費を促進し、経済活動のさらなる発展に貢献することが期待されています。

⇒ 詳しくは長崎県諫早市のWEBサイトへ