ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 長崎の中小企業と農林漁業の協力による革新的プロジェクト支援

2024年1月10日

労務・人事ニュース

長崎の中小企業と農林漁業の協力による革新的プロジェクト支援

令和6年度長崎県農商工連携ファンド事業助成金(長崎県商工会連合会)

長崎県は、地域経済の活性化を目指し、特別なプロジェクト「長崎県農商工連携ファンド事業」を推進しています。この取り組みにより、25億円という莫大な基金から生まれる収益を活用し、地域の資源と中小企業の力を結集します。目的は、長崎県の豊かな農林畜水産物やその他地域資源と、中小企業の技術や販売能力を融合させ、新しい産業の創出や製品の市場拡大を実現することです。これにより、県全体の経済成長を促進することを狙いとしています。

今年度、このファンド事業では、農林漁業者と中小企業が協力して新商品の開発や市場への展開を進めるプロジェクトに対して、資金援助を行います。この助成金プログラムにより、双方の強みを生かした協働が奨励され、地域産業の新たな価値創造につながることが期待されます。

具体的には、最大300万円の助成金が用意されており、その支援範囲は製品開発から市場調査、販売戦略の立案に至るまで広範囲にわたります。特に離島を拠点とする農林漁業者がこのプログラムに参加する場合、より高い助成率が適用されるなど、地域の特性に応じた支援体制が整っています。

募集期間は、2024年の1月9日から4月15日までとなっており、この期間中にプロジェクトの提案を行うことができます。事業の期間は、採用日から1年以内、または同年の12月31日までとされています。

この機会に関心がある方は、長崎県商工会連合会へ事前に連絡を取り、プロジェクトの内容や応募方法などを確認することが推奨されます。さらに詳細情報や申請に必要な書類は、専用ウェブサイトからダウンロード可能です。

地域経済の発展と新しい事業機会の創出を目指すこのファンド事業は、長崎県における農業、商業、工業の連携を強化し、持続可能な成長を支援する重要なステップです。

⇒ 詳しくは長崎県商工会連合会のWEBサイトへ