ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 長崎県 公共交通事業者向けの燃料高騰対策支援金導入

2024年1月24日

労務・人事ニュース

長崎県 公共交通事業者向けの燃料高騰対策支援金導入

公共交通事業燃料等高騰対策支援について

長崎県では、公共交通事業者が直面する経営上の困難に対処するため、燃料価格の高騰に伴う経費増加を緩和する支援策を実施しています。この取り組みは、路線バス、貸切バス、鉄道、軌道、航路、航空路、タクシー、自動車運転代行業の事業者を対象にしており、事業の継続とサービスの安定を図ることを目的としています。

対象となるのは、長崎県内に本社または支社を持ち、市税を滞納していない事業者です。支援の範囲は、各事業者が保有する車両や船舶、航空機に応じて異なり、例えば路線バス事業者には1台あたり100,000円、貸切バス事業者には1台あたり80,000円が支給されます。

申請受付は令和5年12月15日から開始され、令和6年2月22日まで行われます。この支援金は、公共交通事業者が安定したサービスを提供し続けられるよう支援するための重要な一環です。

⇒ 詳しくは長崎県のWEBサイトへ