労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 6月12日に説明会開催!EEGSの新機能で温室効果ガスの自主管理が簡単に

2024年6月11日

労務・人事ニュース

6月12日に説明会開催!EEGSの新機能で温室効果ガスの自主管理が簡単に

「省エネ法・温対法・フロン法電子報告システム」(EEGS)の温室効果ガス任意算定・公表機能リリースについて(環境省)

2024年6月3日、環境省、経済産業省、国土交通省が共同で「省エネ法・温対法・フロン法電子報告システム(EEGS)」の新機能を発表しました。これは温室効果ガスを自主的に算定・公表する機能で、温対法の報告義務対象外の事業者も利用できます。

EEGSは、省エネ法、温対法、フロン法に基づくデータ収集から報告までをオンラインで完結できるシステムです。今回追加された機能は、任意で温室効果ガスの排出量を算定・公表できるもので、事業者が自社の温室効果ガス排出量を管理し、環境への取り組みを公開することが可能になります。

これにより、報告義務のない事業者も温室効果ガス排出量のデータを簡単に管理できるようになり、環境への取り組みを透明化できます。利用方法については、「EEGSポータルサイト」で操作マニュアルが公開されています。また、6月12日にオンラインで操作説明会が開催されます。

この機能は、事業者が環境への責任を果たす手助けとなり、持続可能な社会の実現に向けた一歩です。興味のある事業者は、ぜひこの機会に新機能を活用してみてください。

⇒ 詳しくは環境省のWEBサイトへ