ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 「企業が直面する早期離職問題に立ち向かう」- 新ガイドブックで解決策を提供

2024年2月3日

労務・人事ニュース

「企業が直面する早期離職問題に立ち向かう」- 新ガイドブックで解決策を提供

「人材確保・定着ガイドブック」の発行について 募集段階から考える定着問題 今すぐ実行できる“実践的”定着改善のポイントを解説(東京商工会議所)

東京都江戸川区にある商工会議所の一つ、江戸川区商工会議所が、「江戸川区内の企業に役立つ人材確保とその後の維持に関する手引き書」を新たに作成し公開したことを発表しました。この手引き書では、なぜ従業員が早期に会社を去ってしまうのか、その背後にある理由から、退職率を下げるための具体的な対策、そしてその改善策をどのように実施すればよいかについて、分かりやすく解説しています。

このガイドブックは、業界を問わず、すぐにでも実践できる内容で構成されており、実務に即した情報が満載です。本書は江戸川区商工会議所の窓口にて無料で配布されています。

この取り組みは、地域の企業が直面する人材の確保と定着の課題に対応するために企画されました。

特に、新入社員の早期離職が企業にとって大きな悩みの一つとなっており、その解消を目指す内容がまとめられています。手引き書には、採用段階から始まる定着率の向上策、効果的なコミュニケーションの取り方、従業員が働きがいを感じる職場環境の整備方法など、具体的で実行しやすいアドバイスが数多く記載されています。

また、このガイドブックは、実際に企業が直面している問題を踏まえ、専門家の意見や現場の声を基に作成されたため、実践的でありながら理論的な背景も充実しています。

企業が人材を確保し、長期にわたってその人材を維持するためには、単に良い条件を提示するだけでなく、従業員一人ひとりのモチベーションや職場の雰囲気作りが重要であることを強調しています。

江戸川区商工会議所は、この手引き書が地域内外の多くの企業にとって有益な情報源となり、人材確保および定着率の向上に貢献することを期待しています。また、手引き書の配布を通じて、企業と従業員双方の満足度が高まり、地域経済のさらなる活性化につながることを願っています。

⇒ 詳しくは東京商工会議所の電子書籍へ