ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • トラック業界の働き方改革PR動画 新しい労働時間規則の紹介

2024年1月20日

労務・人事ニュース

トラック業界の働き方改革PR動画 新しい労働時間規則の紹介

「トラックver. 働き方改革PR動画『はたらきかたススメ』」は、トラックドライバーとその労働環境に焦点を当てた動画です。トラックドライバーは日本の生活と経済を支える重要な役割を果たしていますが、過労が一般的で、ドライバーの健康が懸念されています。2024年4月からは、労働時間に関する新しいルールが適用され、ドライバーの労働環境が改善されることが期待されています。

この動画では、トラックドライバーの年間労働時間が他の業種と比べて長いことが指摘されており、2024年4月からの新ルールでは、年間の残業時間が960時間に制限されます。また、運転時間や休憩時間を含む拘束時間にも規制が設けられ、労働環境の改善が図られます。

特に、荷物の積み込みや降ろし時の待機時間の削減は、トラックドライバーの労働時間削減に直結します。荷主と運送事業者の間での協力が重要であり、荷主には荷物の送出しや受け取りにおいて、効率的な対応を求めています。

この動画は、トラックドライバーの健康を守り、業界の人手不足問題を解消するための取り組みを紹介し、より良い未来への協力を呼びかけています。

⇒ 詳しくは厚生労働省のYoutubeチャンネルへ