ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 人手不足時代の採用成功法!求職者が求める詳細情報とは?

2023年11月15日

コラム

人手不足時代の採用成功法!求職者が求める詳細情報とは?

どの業界、どの企業においても人手不足は深刻です。

これまでと同じように採用活動を行っていったとしても、労働人口の絶対数が右肩下がりに減少している中で、採用の成功確率が相対的に下がっていくことは容易にイメージできると思います。

そこで肝心となってくるのは、人材不足の状況下でどのように人材を確保していくのか工夫を凝らすことです。

今後の人材確保のために工夫できるポイントをいくつかご紹介していきますので、採用活動の参考としてご覧ください。

求職者が真に求める求人情報の詳細とは?

求人票を検討する際、より幅広い層からの関心を引きつけるための工夫が必要です。重要なステップとして、提供する情報の量を増やすことを検討してみましょう。

各求人サイトには固有のフォーマットがあるかもしれませんが、詳細な情報を十分に記述することが求められます。

企業としては、詳細については面接時に答えるつもりかもしれませんが、多くの求職者は早い段階で具体的な情報を基に企業選びをしています。

情報が不足している求人に対して、特に特別な魅力がなければ、多くの人は応募をためらうことでしょう。

求職者がどのようなスタンスで情報を閲覧しているかを理解することで、引きつける力のある求人を設計するヒントを得ることができます。

実際に求人サイトを訪問して、自分が応募者であると仮定して情報を見ることで、何が不足しているのか、また何が魅力的であるのかの手がかりをつかむことができます。

空白の多い求人票は、企業の熱意が感じられないばかりか、安易に扱われるのではないかという疑念を求職者に抱かせる可能性があります。

つまり、企業がどれだけ真剣に人材を求めているのかを明示的に示すことが、多くの応募を引き寄せる鍵となるのです。

今の時代、求職者が優位となっており、企業としての取り組みがより一層求められるようになっています。

応募決意を後押し!求人票の記載内容で差をつける方法

求人票を効果的に活用するためには、ターゲットごとに内容をカスタマイズすることが効果的です。

この方法で、求める人材のイメージを具体的に示せ、関心を持つ者にはアピールしやすくなります。

また、求人票には応募者へ向けたメッセージをしっかりと盛り込むことで、更なる関心を引き出すことが可能です。

求職者は求人内容が自身の期待や希望に合っているかを基に応募を決意します。そのため、記載内容やメッセージは、求職者の決断を後押しする大切な要素となります。

予算内での適切な待遇設定!業界情報を活かすポイント

最終的に大切なのは、しっかりとした待遇を提供することです。

全ての企業が同じ条件を提供できるわけではありませんが、競合他社と比べて劣らない条件を目指すことは、予算の範囲内で可能であるはずです。

その上で、業界内の他企業の求人情報を参考にすることで、適切な待遇を検討する手助けとなります。

企業が知るべき!求職者も選考途中での辞退を考えている

面接は採用選考の中心的な役割を果たします。

各企業で面接の実施回数は変わりますが、通常、最終的な決定の前に2〜3回の面接が行われることが多いです。

現在、求職者が希少となっている中で、企業側は求める条件を緩和してしまいがちです。とはいえ、適切な選考をせずに人材を採用すると、後で問題が生じるリスクもあるため、慎重に候補者を評価することが大切です。

また、求職者自身が選考の途中で辞退する選択もありますので、企業としては価値ある候補者を逃さずに、適切に評価することが必須です。

人材選定の秘訣!短期間での比較が鍵となる

多くの適切な人材を見つけるためには、一番初めに短いスパンで多数の候補者との面談を設定することが重要です。

このアプローチを取る理由はシンプルです。

短い期間でたくさんの人々との面談を実施することで、それぞれの候補者の特性や能力を明確に比較できるようになります。

その結果、企業側は最も自社に合った優れた人材を選定する手助けとなるのです。従って、効率的な人材採用のためには、このようなアプローチが欠かせません。

率直なコミュニケーションは人材採用の鍵

また、個々の対話においてコミュニケーションの質を重視することが必須です。

その際、率直な意見を共有することが大切です。人材を欲しいがために、本心を伏せての対話は、結果として予期せぬ問題を引き起こす可能性があるのは容易に想像できます。

面接の後に職場を案内する程度の時間を設け、しっかりと対話の時間を持つよう努力しましょう。

転職活動中の求職者への適切な対応!なぜ速さがキーとなるか!?

求職中の方々はそれぞれの背景や状況があります。

以前の職を既に退職して新しいチャンスを探している人もいれば、現在の仕事を続けながら次のステップを模索している人もいます。

求職者が共有するのは、転職活動に使える時間が限られているという現実です。この短い期間で求人へのアクションを起こしている求職者に対し、企業としては迅速な対応が求められます。

なぜなら、応募者が同時に数社にエントリーしている可能性も考慮すると、早急かつ丁寧なレスポンスが双方にとって最善となるからです。

優れた人材を獲得するための現代的な手法を取り入れる

求職者は迅速な採否の回答を期待しているので、その要望に応えることが大切です。

もちろん、早く次のステップへ進みたい気持ちは、求職者なら誰しもが持つものです。丁寧かつ早い対応を心がけることで、双方が良好な関係を築けるチャンスが増えます。

従来の連絡方法にとらわれず、現代のSNSのようなツールを取り入れて情報共有を行うことも一考の価値があります。

このような新しい手法を採用することで、採用の幅が広がり、理想の候補者と出会う可能性も高まるでしょう。こうした取り組みは、最終的に優れた人材を得るための鍵となるかもしれません。

採用の条件を見直す時代

人材確保の計画を順調に推進するには、多くの求職者に興味を持ってもらうことがキーとなります。

応募者数を増加させる秘訣の一つは、求人の核心をつかみつつ、現在の市場のトレンドに合わせたターゲット層の明確化が不可欠です。

この戦略は、経営トップや人事責任者に、採用の条件を見直し、応募可能な層を拡大する提案を行うものです。

たとえば、従来新卒者中心の採用が主だった場合、もう少し視野を広げて、第二新卒者にも注目するのが良い選択となるでしょう。

かつての新卒一辺倒の時代は終わり、転職が一般的になった現代において、第二新卒という存在はますます重要性を増しています。

新卒や第二新卒は大学卒のイメージが強いかもしれませんが、必要に応じて学歴の制限を緩和することで、さらに広い範囲の人材を獲得することが可能となります。この考え方は、多様性の促進にも繋がる重要なステップとなります。

シニア層の意欲と生産性!企業の成長を後押しする力

さらに、新卒だけではなく、年間を通じて経験者の採用を積極的に進めることで、求職者の選択肢を広げることが可能です。

特に注目すべきは、定年を迎えた高齢者の働き手たちです。

現代の高齢者は働く意欲が非常に旺盛で、豊富な経験と技術を有しており、迅速に業務に対応することが期待されます。

高齢者は自身の人脈を活かして新しい取引先を紹介してくれることや、若手の指導役としての役割を果たすことで、企業の総合的な成果に寄与することも考えられます。

現在の労働市場では人手が足りない中、適切な人材を獲得するためには、採用の各段階を再評価し、革新的な取り組みを実施することが不可欠です。

迷ってしまったときや、新しい方法を探している際には、株式会社パコラへご相談ください。

シニア求職者の持つ経験や知見は多くの企業で活用できるため、直ちに成果を上げる助けになるはずです。

人材を確保するために、株式会社パコラが提供する総合的な求人サービスを体験してみませんか?詳細は以下のリンクからご確認いただけます。

サービスに関するご質問や検討中の方は、下記からお気軽にお問い合わせください。ご連絡頂いた内容は迅速に対応し、担当者よりご返答いたします。

お問い合わせはこちら