ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 令和5年(2023年)12月 福岡県 有効求人倍率は1.20倍(福岡労働局)

2024年1月30日

労務・人事ニュース

令和5年(2023年)12月 福岡県 有効求人倍率は1.20倍(福岡労働局)

引用:福岡労働局 雇用情勢(令和5年 12月分)についてより

令和5年(2023年)12月の福岡県の有効求人倍率分析 日本の労働市場の最新動向

雇用の現状について、2023年12月のデータを基にした分析を行います。全体として、雇用市場は一定の改善を見せていますが、物価の上昇など経済状況の変化が影響している部分も見受けられます。

まず、有効求人倍率は1.20倍で前月と変わらず、求人の数は前月より0.8%増加しました。一方で、求職者数も0.6%増加しており、新しい仕事を探している人々の数も増えています。特に新規求人に注目すると、倍率は2.31倍となり、これも前月からわずかに上昇しています。新規求人の数は前月比3.6%増、新規求職者数は2.3%増となっており、市場に新たな動きがあることが伺えます。

しかし、業界によっては求人数が減少しているところもあります。具体的には、情報通信業、卸売業、小売業などが挙げられます。これらの業界では、前年同月比で見ると新規求人数が2.2%減少しており、新規求職者数も1.7%減少しています。

産業別に見ると、医療や福祉、学術研究、専門・技術サービス業、不動産業、物品賃貸業など一部の業界では求人が増加しています。これらの業界では、市場の需要が高まっているか、あるいは安定して需要が存在するため、新たな労働力を求める動きが活発です。

ただし、このような改善の兆しもありながら、物価の上昇が雇用市場に与える影響には引き続き注意が必要です。特に、消費者の購買力に影響を与える物価の上昇は、企業の採用活動にも慎重さをもたらす可能性があります。

今後の展望としては、経済全体の回復が雇用市場のさらなる改善を促す一方で、物価上昇や各産業の市場環境の変化がどのように影響するかが注目されます。また、新規求人の動向からは市場の活性化が期待されるものの、業界による差も大きいため、各産業の具体的な動きにも目を向ける必要があるでしょう。

医療・福祉業界が引き続き求人を増加 雇用機会の拡大

福岡県の労働市場に関して、2023年12月のデータを基に分析すると、以下のような影響が考えられます。

雇用市場の改善傾向
福岡県では、有効求人倍率が1.20倍と安定しており、新規求人数も増加しています。これは、地域経済の回復が進んでいる証拠であり、企業が新たな人材を求めていることを示しています。特に、新規求人倍率の上昇は市場の活性化を物語っており、福岡県の雇用市場においても改善が見られる状況です。

業界別の動向
一方で、情報通信業や卸売業、小売業などでは新規求人数が減少していることから、業界によってはまだ回復が遅れているところもあります。これは、物価上昇などの外部環境が影響している可能性があり、特定の業界では雇用創出が難しい状況にあることを示しています。

物価上昇の影響
物価の上昇は、消費者の購買力に影響を与えるため、福岡県内の企業にとっても大きな課題です。物価上昇が続くと、企業の経営にも影響し、採用活動に慎重さをもたらす可能性があります。特に、人件費の上昇が企業の収益性に影響を与えるため、雇用市場全体の動向にも影響を及ぼすことが考えられます。

市場の活性化と課題
福岡県では、医療や福祉、学術研究、専門・技術サービス業、不動産業、物品賃貸業など一部の業界で求人が増加していることから、これらの分野での雇用創出が期待されます。しかし、物価上昇や特定の業界での雇用機会の減少など、市場の活性化を妨げる要因も存在しています。

以上の分析から、福岡県の労働市場は一部で改善が見られるものの、物価上昇の影響や業界による回復の差が存在しています。今後の展望としては、地域経済のさらなる回復と共に、業界別の動向や物価上昇といった外部環境の変化に注目し、それに応じた対策を講じることが企業には求められるでしょう。また、新たな雇用機会の創出に向けて、福岡県内で需要が見込まれる業界への注目も重要です。

⇒ 詳しくは福岡労働局のWEBサイトへ