労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 山口県、医療機関への食材料費支援金を発表!総額支援で高騰対策

2024年7月4日

労務・人事ニュース

山口県、医療機関への食材料費支援金を発表!総額支援で高騰対策

令和6年度山口県医療機関食材料費高騰対策支援金

山口県は令和6年度において、医療機関の食材料費の高騰を支援するための助成金を提供します。物価の上昇により食材費が増加する中、入院患者の食費は厚生労働省の告示により固定されており、医療機関がその増加分を患者に転嫁することは困難です。そのため、県内の病院や有床診療所を対象に「山口県医療機関食材料費高騰対策支援金」が支給されます。

この支援金は、令和6年4月から5月の間に実施されるもので、前年の「医療機関食材料費高騰対策緊急支援金」を受け取った医療機関も対象となります。ただし、申請時点で休止または廃止している医療機関は対象外です。また、申請時点で保険医療機関の指定を受けている必要があります。市町が設置する医療機関も支援の対象に含まれます。

申請期間は令和6年5月1日から7月31日までです。必要な申請書類は、医療機関食材料費高騰対策支援金申請書と振込先口座の通帳の写しです。すでに前年の支援金を受け取り、同じ口座への振込を希望する場合は、通帳の写しの添付は不要です。

支援金の金額は、許可病床数に応じて計算され、病床数×3,200円が支給されます。ただし、令和6年4月1日から5月31日の間に入院食を全く提供していない医療機関は対象外となります。

申請方法はメールまたは郵送で行います。メール申請の場合、申請書はエクセルファイルで送付する必要があります。郵送申請の場合、申請書は手書きまたはエクセルファイルで作成できます。申請書の様式は、県のウェブサイトからダウンロードできます。また、健康福祉センターや下関保健所でも配布されています。

支援金は、申請書を受け付けてから約3週間で支給される予定です。適正な申請が認められた場合には、通知は行われず直接振込が行われますが、不適切な申請の場合には不支給の通知が送られます。詳細については、山口県の医療機関食材料費高騰対策支援金支給要綱およびQ&Aを参照してください。

⇒ 詳しくは山口県のWEBサイトへ