コラム

  • TOP
  • お知らせ
  • コラム
  • 面接無断キャンセルを防ぐ!今すぐできる5つの方法

2024年7月5日

コラム

面接無断キャンセルを防ぐ!今すぐできる5つの方法

面接の無断キャンセルは、企業の採用プロセスにおいて大きな課題となることが多いです。採用担当者にとって、候補者が突然面接に来ない、あるいは直前にキャンセルすることは、時間とリソースの無駄遣いとなり、企業のイメージにも悪影響を及ぼします。では、どうすればこの無断キャンセルを防ぐことができるのでしょうか?本記事では、面接の無断キャンセルを減らすために実践できる5つの具体的な対策について詳しく解説します。

まず、候補者とのコミュニケーションを改善することで、面接の詳細情報を早めに提供し、安心して面接に臨める環境を整えます。次に、リマインドメールやメッセージを活用して、候補者に面接の予定を忘れさせないようにします。また、面接の重要性を候補者に伝えることで、面接の意義を理解してもらい、参加意欲を高めます。さらに、フレキシブルな面接スケジュールを設定し、候補者の都合に合わせた日程調整やリモート面接の導入を行います。最後に、最新のテクノロジーを活用し、面接プロセスの効率化を図ります。

これらの対策を実践することで、無断キャンセルのリスクを効果的に減少させ、採用プロセスを円滑に進めることができます。企業の採用担当者にとって、面接の無断キャンセルを防ぐための具体的な方法を知ることは非常に重要です。本記事を参考にして、成功事例から学び、より効果的な採用プロセスを実現しましょう。

はじめに

面接の無断キャンセルは、多くの企業が直面する深刻な課題の一つです。採用プロセスの中で候補者が面接に来なかったり、直前にキャンセルすることは、企業にとって大きな損失となります。無断キャンセルが増えると、採用担当者の時間とリソースが無駄になるだけでなく、企業のイメージにも悪影響を及ぼします。この問題を解決するためには、なぜ無断キャンセルが発生するのかを理解し、効果的な対策を講じることが不可欠です。

無断キャンセルが発生する原因は多岐にわたります。まず、候補者が他の企業との面接を優先する場合があります。特に優秀な人材は複数の企業からオファーを受けることが多いため、企業間での競争が激化します。このような状況では、候補者が直前に面接をキャンセルする可能性が高まります。また、面接の重要性を十分に理解していない候補者もいます。彼らは面接を単なる形式的な手続きと捉え、欠席しても大きな問題にはならないと考えることがあります。

さらに、単純に連絡を忘れてしまうケースも少なくありません。特に忙しい時期や多忙な職種の候補者は、面接日程を把握することが難しく、結果として無断キャンセルとなることがあります。また、面接日程が候補者の都合に合わない場合も問題です。例えば、仕事の都合や家庭の事情で急な変更が必要になることがありますが、企業側が柔軟に対応できない場合、候補者はキャンセルせざるを得なくなります。

企業からの連絡が不足している場合も無断キャンセルの原因となり得ます。候補者は面接に関する情報を受け取らなければ、不安を感じることがあります。特に初めての面接を経験する候補者や、新しい業界に挑戦する候補者にとって、企業からの詳細な連絡がないと不安が募り、最終的には面接をキャンセルする決断をしてしまうことがあります。

無断キャンセルを防ぐためには、企業側でできる対策を講じることが重要です。この記事では、具体的にどのような対策が有効であるかを解説していきます。まずは、候補者とのコミュニケーションを改善する方法から、リマインドの活用、面接の重要性を伝える方法、フレキシブルな面接スケジュールの設定、そして最新のテクノロジーの活用まで、今すぐ実践できる5つの方法を紹介します。

これらの対策を実行することで、無断キャンセルを減らし、採用プロセスを円滑に進めることができるでしょう。企業の採用担当者にとって、面接の無断キャンセルを防ぐための具体的な方法を知ることは、非常に重要です。次のセクションでは、まず候補者とのコミュニケーション改善について詳しく見ていきましょう。

候補者とのコミュニケーション改善

面接の無断キャンセルを防ぐための最初のステップは、候補者とのコミュニケーションを改善することです。効果的なコミュニケーションは、候補者が面接の重要性を理解し、参加する意欲を高めるために不可欠です。具体的には、以下のポイントに注意を払いながらコミュニケーションを行うことが重要です。

まず、面接の詳細についてはできるだけ早く連絡を取り、候補者に十分な時間を与えることが大切です。面接の日程や場所、担当者の名前、当日の流れなど、必要な情報を事前に提供することで、候補者の不安を軽減し、準備を進めやすくします。また、メールや電話だけでなく、最近ではメッセージアプリやSNSを活用する企業も増えています。これにより、候補者が自分に合った連絡手段を選ぶことができ、コミュニケーションの円滑化が図れます。

次に、連絡のタイミングにも注意が必要です。特に面接の直前にはリマインダーを送ることが効果的です。リマインダーは、メールやメッセージアプリで簡単に送信でき、候補者に面接の予定を再確認させる役割を果たします。適切なタイミングでリマインダーを送ることで、候補者が面接の日時を忘れずに参加できるようサポートします。

さらに、候補者が面接に対して持つ疑問や不安を解消するためのサポートも重要です。例えば、面接に関するFAQを作成し、候補者に事前に配布することで、よくある質問に対応することができます。また、候補者が質問や相談をしたい場合に備えて、専用の問い合わせ窓口を設置することも有効です。このように、候補者が安心して面接に臨める環境を整えることが、無断キャンセルの防止に繋がります。

最後に、候補者との信頼関係を築くためのコミュニケーションも忘れてはなりません。面接前に候補者に対して丁寧な対応を心がけ、彼らの意見や感想を尊重する姿勢を示すことが大切です。候補者が企業に対して好印象を持ち、信頼関係が築けると、面接の無断キャンセルのリスクが低減します。

以上のように、候補者とのコミュニケーションを改善することで、面接の無断キャンセルを効果的に防ぐことができます。次のセクションでは、リマインドの活用について詳しく見ていきましょう。

面接のリマインド

面接の無断キャンセルを防ぐために効果的な方法の一つがリマインドの活用です。リマインドは、候補者に面接の予定を忘れさせないための重要なツールです。ここでは、リマインドを適切に活用するためのポイントについて詳しく解説します。

まず、リマインドメールやメッセージは、面接の数日前に送ることが効果的です。例えば、面接の3日前に一度リマインドを送り、その後、面接前日にもう一度確認のメッセージを送ると良いでしょう。これにより、候補者が面接の予定をしっかりと把握し、準備を進めることができます。リマインドの内容には、面接の日程、場所、担当者の名前、持参するべき書類などの重要な情報を含めることが重要です。

リマインドの方法も多様化しています。従来のメールだけでなく、SMSやメッセージアプリを活用する企業も増えています。特に若い世代の候補者は、メールよりもSNSやメッセージアプリを頻繁に利用する傾向があるため、これらのツールを活用することで、リマインドの効果を高めることができます。例えば、WhatsAppやLINE、Facebook Messengerなどのプラットフォームを利用して、候補者にリマインドメッセージを送ることができます。

また、リマインドメッセージの内容はシンプルでわかりやすくすることが大切です。長い文章や複雑な情報は避け、候補者が一目で理解できるように工夫しましょう。具体的な例として、「明日の午前10時にABCビル5階での面接を予定しております。ご準備をよろしくお願いいたします。」といったシンプルなメッセージが効果的です。

さらに、リマインドの適切なタイミングも重要です。早すぎるリマインドは効果が薄く、逆に遅すぎると候補者が準備不足になる可能性があります。一般的には、面接の3日前と前日の2回に分けてリマインドを送るのが良いとされています。これにより、候補者が面接の予定をしっかりと確認し、当日に向けて準備を進めることができます。

リマインドは、候補者が面接を忘れないようにするだけでなく、企業からの連絡を通じて候補者に安心感を与える効果もあります。特に初めての面接を経験する候補者や、緊張している候補者にとって、企業からのリマインドメッセージは大きな安心材料となります。このように、リマインドを適切に活用することで、面接の無断キャンセルを効果的に防ぐことができます。

次のセクションでは、面接の重要性を候補者に伝える方法について詳しく見ていきましょう。

面接の重要性を伝える方法

面接の無断キャンセルを防ぐためには、候補者に面接の重要性をしっかりと伝えることが不可欠です。候補者が面接の意義を理解し、その場に臨む価値を感じることで、無断キャンセルのリスクを大幅に減らすことができます。以下では、面接の重要性を候補者に伝えるための具体的な方法について詳しく説明します。

まず、面接の重要性を伝えるためには、面接がどのような役割を果たすのかを候補者に理解してもらう必要があります。面接は単なる形式的な手続きではなく、企業と候補者双方にとって重要なコミュニケーションの場であることを強調します。企業側からは、候補者のスキルや経験、文化的フィットを確認するための重要な機会であり、候補者にとっても企業の雰囲気や働き方を直接知るチャンスであることを伝えます。

次に、候補者に面接の準備をしっかりと行うよう促すことが大切です。具体的な準備方法や当日の流れについて詳しく説明することで、候補者が面接に対して前向きな姿勢を持つようになります。例えば、面接でよく聞かれる質問のリストを提供したり、自己紹介のポイントをアドバイスするなど、具体的なサポートを行います。また、事前に企業の情報や業界の動向についてリサーチするように勧めることで、候補者の準備を助けます。

また、候補者が面接の重要性を感じるためには、企業側からの期待や役割を明確に伝えることが必要です。面接の結果がどのように評価されるか、採用プロセスの次のステップがどのようになるかを具体的に説明します。これにより、候補者は面接の重要性を理解し、その場でのパフォーマンスに対して真剣に取り組むようになります。例えば、「今回の面接は、あなたのスキルと企業文化との適合性を確認する重要なステップです。この面接が成功すれば、次のステップである最終面接に進むことができます」といった具体的な説明を行います。

さらに、候補者に面接の意義を感じさせるためには、面接自体を魅力的なものにする工夫も重要です。面接の場を単なる質疑応答の場にするのではなく、候補者が自己表現をしやすい環境を整えることが求められます。例えば、オープンな質問を用意し、候補者が自分の経験や考えを自由に話せる時間を設けることが有効です。また、リラックスした雰囲気を作ることで、候補者が緊張せずに本来の自分を表現できるようにします。

最後に、面接のフォローアップも重要なポイントです。面接後にフィードバックを提供することで、候補者は自身のパフォーマンスについての評価を知ることができます。フィードバックは候補者にとって貴重な学びの機会であり、次の面接に向けての改善点を見つける手助けとなります。また、フォローアップを通じて、企業側の誠実な姿勢を示すことができ、候補者との信頼関係を築くことにも繋がります。

以上の方法を実践することで、候補者に面接の重要性をしっかりと伝えることができます。次のセクションでは、フレキシブルな面接スケジュールの設定について詳しく見ていきましょう。

フレキシブルな面接スケジュール

面接の無断キャンセルを防ぐためには、候補者の都合に合わせたフレキシブルな面接スケジュールを設定することが非常に重要です。多くの候補者は既に他の仕事や予定があるため、固定された面接日程では参加が難しい場合があります。ここでは、フレキシブルな面接スケジュールを実現するための具体的な方法について解説します。

まず、面接日程の選択肢を増やすことが重要です。例えば、候補者に複数の候補日を提示し、その中から都合の良い日を選んでもらう方法があります。これにより、候補者は自分のスケジュールに合わせて面接日程を調整できるため、無断キャンセルのリスクが減少します。特に、忙しい職種や多忙な時期に面接を行う場合は、この方法が効果的です。

次に、面接時間の柔軟性も考慮することが必要です。通常の業務時間内だけでなく、早朝や夕方、さらには週末にも面接を行うことができるように調整します。例えば、仕事の後や週末に面接を設定することで、候補者が仕事の合間に面接を受ける負担を軽減できます。このように柔軟な時間設定を行うことで、候補者の都合に合わせやすくなり、無断キャンセルのリスクをさらに低減できます。

また、リモート面接の導入もフレキシブルなスケジュール設定に役立ちます。リモート面接は、候補者が自宅や職場から面接に参加できるため、移動時間や交通費の負担を軽減することができます。特に、遠方に住む候補者や交通が不便な地域に住む候補者にとっては、大きなメリットとなります。さらに、リモート面接は企業側にとっても効率的であり、面接の設定や実施が容易になるため、多くの企業で採用されています。

面接日程の調整には、スケジューリングツールの活用も効果的です。GoogleカレンダーやMicrosoft Outlookなどのツールを使用して、候補者と企業のスケジュールを同期させることで、面接の予定を簡単に調整することができます。これらのツールはリマインダー機能も備えているため、面接の直前に候補者に通知を送ることができ、無断キャンセルの防止に役立ちます。

さらに、候補者の状況に応じた特別な配慮も重要です。例えば、家庭の事情や健康上の理由で特定の時間帯にしか面接を受けられない候補者に対しては、特別なスケジュールを設定することで、無断キャンセルのリスクを低減します。企業側が柔軟に対応する姿勢を示すことで、候補者は企業に対して好感を持ち、面接に対する意欲が高まります。

最後に、候補者とのコミュニケーションを通じて、スケジュール調整の柔軟性を伝えることも大切です。候補者がスケジュール調整に対して自由度があることを理解すれば、面接日程の調整が容易になり、無断キャンセルのリスクが減少します。このように、フレキシブルな面接スケジュールを実現するための工夫を行うことで、候補者の参加意欲を高め、無断キャンセルのリスクを効果的に防ぐことができます。

次のセクションでは、面接無断キャンセル防止のためのテクノロジー活用について詳しく見ていきましょう。

面接無断キャンセル防止のためのテクノロジー活用

現代の採用プロセスでは、テクノロジーの活用が欠かせません。特に面接の無断キャンセルを防ぐためには、テクノロジーを上手に活用することが重要です。ここでは、具体的なツールやテクノロジーの活用方法について解説します。

まず、スケジューリングツールの活用が挙げられます。スケジューリングツールを使用することで、候補者と企業の双方が簡単に面接の日程を調整することができます。例えば、GoogleカレンダーやMicrosoft Outlookなどのツールを使えば、候補者が自分の空いている時間を簡単に確認し、企業側もスムーズに日程を設定することが可能です。これにより、スケジュールの調整が迅速かつ効率的に行われ、無断キャンセルのリスクが低減します。

次に、リマインダー機能を活用したメッセージングツールも有効です。メールやSMS、メッセージアプリを使って、面接のリマインダーを送ることで、候補者に面接の予定を忘れさせないようにすることができます。特に、SMSやメッセージアプリは即時性が高く、候補者が常に確認しているため、リマインダーの効果が高まります。リマインダーの送信は、面接の3日前と前日の2回に分けて行うと効果的です。

さらに、リモート面接ツールの導入も重要です。ZoomやMicrosoft Teams、Google Meetなどのビデオ会議ツールを使えば、候補者がどこにいても面接に参加することができます。これにより、遠方に住む候補者や忙しい候補者も、移動時間や交通費の負担を感じずに面接に参加できるため、無断キャンセルのリスクが減少します。また、リモート面接は企業側にとっても効率的で、面接の設定や実施が容易になります。

チャットボットの活用も、候補者とのコミュニケーションを円滑にするために有効です。チャットボットを使って、面接に関する質問に自動で回答したり、候補者の問い合わせに迅速に対応することができます。これにより、候補者が不安や疑問を感じることなく、面接に臨むことができます。また、チャットボットは24時間対応可能であるため、候補者がいつでもサポートを受けることができる点も魅力です。

さらに、面接プロセスの管理にはATS(Applicant Tracking System)を導入することも有効です。ATSを使えば、候補者の応募状況や面接スケジュールを一元管理でき、スムーズなプロセスを実現することができます。また、ATSは自動でリマインダーを送信したり、面接の結果を管理する機能も備えているため、無断キャンセルの防止に役立ちます。

最後に、候補者体験を向上させるためのフィードバックシステムの導入も検討する価値があります。面接後に候補者に対してフィードバックを提供することで、候補者は自身のパフォーマンスについての評価を知ることができ、次回の面接に向けて改善点を見つけることができます。これにより、候補者は面接の意義を理解し、次回の面接に対する意欲が高まります。

以上のように、テクノロジーを活用することで、面接の無断キャンセルを効果的に防ぐことができます。次のセクションでは、無断キャンセル後のフォローアップの重要性について詳しく見ていきましょう。

フォローアップも大切

面接の無断キャンセルが発生した場合でも、その後のフォローアップが非常に重要です。フォローアップを適切に行うことで、候補者との関係を維持し、次回の面接に繋げることができます。ここでは、無断キャンセル後のフォローアップ方法について詳しく解説します。

まず、無断キャンセルが発生した直後に、候補者に対して迅速に連絡を取ることが重要です。連絡手段としては、電話やメール、メッセージアプリなどがありますが、電話が最も直接的で効果的です。電話で候補者に連絡を取り、無断キャンセルの理由を確認し、再度面接日程を調整する旨を伝えます。この際、候補者が感じている不安や疑問にも丁寧に対応することが大切です。

候補者が無断キャンセルをした理由には、予期せぬトラブルや急な予定変更が含まれることがあります。これらの理由を理解し、候補者の状況に配慮した対応を行うことで、次回の面接に対する候補者の意欲を高めることができます。また、候補者が面接を再調整したいという意志を示した場合は、柔軟に対応することが求められます。再度の面接日程調整は、できるだけ候補者の都合に合わせて行うことで、無断キャンセルのリスクを減らすことができます。

次に、フォローアップの際には、候補者に対して感謝の意を伝えることも忘れないようにしましょう。無断キャンセル後でも、候補者が再度面接に臨む意欲を持っていることに感謝し、その意欲を尊重する姿勢を示すことが大切です。例えば、「お忙しい中、ご連絡をいただきありがとうございます。再度面接を調整できることを嬉しく思います。」といったメッセージを伝えることで、候補者は企業に対して好感を持ちやすくなります。

また、無断キャンセルが続く候補者に対しては、キャンセルポリシーを明確に伝えることも必要です。キャンセルポリシーを説明することで、候補者は面接の重要性を再認識し、無断キャンセルを避けるようになります。ただし、キャンセルポリシーを伝える際には、候補者を責めるような言い方を避け、あくまで企業側のルールとして説明することが重要です。例えば、「当社では、面接の再調整は最大2回まで可能です。お手数ですが、ご理解とご協力をお願いいたします。」といった形で、丁寧に伝えます。

無断キャンセルが発生した場合でも、候補者との関係を良好に保つためには、継続的なコミュニケーションが不可欠です。定期的に候補者に連絡を取り、企業の最新情報や面接の準備に関するアドバイスを提供することで、候補者は企業に対して信頼感を持ちやすくなります。これにより、次回の面接に対するモチベーションが高まり、無断キャンセルのリスクが減少します。

最後に、無断キャンセル後のフォローアップでは、候補者のフィードバックを収集することも重要です。無断キャンセルの原因や候補者が感じた問題点を把握することで、今後の採用プロセスの改善に繋げることができます。フィードバックを真摯に受け止め、採用プロセスに反映させることで、企業の信頼性を高め、候補者からの評価も向上します。

以上のように、無断キャンセル後のフォローアップを適切に行うことで、候補者との関係を維持し、次回の面接に繋げることができます。次のセクションでは、実際の成功事例を紹介し、具体的な対策とその結果について詳しく見ていきましょう。

成功事例の紹介

無断キャンセルの防止策を実際に取り入れ、成功した企業の事例を紹介することで、具体的な対策の有効性を示すことができます。ここでは、いくつかの企業の成功事例を通じて、面接無断キャンセルを減らすための具体的な対策とその成果について見ていきましょう。

まず、A社の事例です。A社は、候補者とのコミュニケーションを改善するために、面接の詳細情報を事前に提供することを徹底しました。面接の日時や場所、担当者の名前、当日の流れなどを詳細に記載したメールを送ることで、候補者が安心して面接に臨めるようにしました。また、面接前日にリマインドメールを送信することで、候補者に面接の予定を再確認させました。これにより、A社は面接の無断キャンセル率を30%削減することに成功しました。

次に、B社の事例です。B社は、柔軟な面接スケジュールを設定することで、無断キャンセルのリスクを減らしました。候補者に対して複数の面接候補日を提示し、その中から都合の良い日を選んでもらう方法を採用しました。また、リモート面接を導入することで、遠方に住む候補者や忙しい候補者も参加しやすい環境を整えました。さらに、面接の直前にSMSでリマインドメッセージを送ることで、候補者が面接の予定を忘れないようにしました。これらの対策により、B社は無断キャンセル率を20%減少させることができました。

C社の事例では、最新のテクノロジーを活用した面接プロセスの改善が行われました。C社は、スケジューリングツールとATS(Applicant Tracking System)を導入し、面接の日程調整を自動化しました。これにより、候補者と企業の双方がスムーズに日程を調整できるようになり、無断キャンセルのリスクが低減しました。また、リマインダー機能を活用して、面接の3日前と前日に自動でリマインドメールを送信するように設定しました。さらに、チャットボットを活用して、候補者の質問に24時間対応する体制を整えました。これにより、C社は無断キャンセル率を25%削減することができました。

D社の事例では、フォローアップの強化が行われました。無断キャンセルが発生した場合でも、D社は迅速に候補者に連絡を取り、無断キャンセルの理由を確認し、再度面接日程を調整する努力を続けました。候補者が感じている不安や疑問にも丁寧に対応し、面接の重要性を再認識させました。また、面接後には必ずフィードバックを提供することで、候補者が次回の面接に向けて改善点を理解できるようにしました。これにより、D社は無断キャンセル率を大幅に減少させ、成功率の高い採用プロセスを実現しました。

これらの成功事例からわかるように、無断キャンセルを防ぐためには、候補者とのコミュニケーション改善、柔軟なスケジュール設定、最新テクノロジーの活用、そしてフォローアップの強化が重要です。これらの対策を組み合わせることで、無断キャンセルのリスクを効果的に減少させ、採用プロセスの円滑化を図ることができます。

まとめ

面接の無断キャンセルは、多くの企業にとって避けたい問題です。しかし、適切な対策を講じることで、無断キャンセルのリスクを大幅に減らすことが可能です。本記事では、無断キャンセルを防ぐための具体的な対策として、候補者とのコミュニケーション改善、リマインドの活用、面接の重要性を伝える方法、フレキシブルな面接スケジュールの設定、最新のテクノロジーの活用、そしてフォローアップの強化について詳しく解説しました。

まず、候補者とのコミュニケーションを改善することが重要です。面接の詳細情報を早めに提供し、候補者が安心して面接に臨める環境を整えることで、無断キャンセルのリスクを減らすことができます。また、リマインドメールやメッセージを送ることで、候補者に面接の予定を忘れさせないようにすることも効果的です。

次に、面接の重要性を候補者に伝えることで、面接の意義を理解してもらうことが重要です。具体的な準備方法や面接の流れを説明し、企業側の期待や役割を明確に伝えることで、候補者の面接に対する意欲を高めることができます。

フレキシブルな面接スケジュールの設定も、無断キャンセル防止に有効です。候補者の都合に合わせた柔軟な日程調整やリモート面接の導入により、候補者が面接に参加しやすい環境を提供します。また、スケジューリングツールやリマインダー機能を活用することで、面接の調整がスムーズに行えるようになります。

最新のテクノロジーを活用することも、無断キャンセル防止に役立ちます。スケジューリングツールやATS、リモート面接ツール、チャットボットなどを導入することで、面接プロセスを効率化し、候補者とのコミュニケーションを円滑に進めることができます。

最後に、無断キャンセルが発生した場合でも、迅速かつ丁寧なフォローアップを行うことが重要です。候補者に対して感謝の意を伝え、再度面接日程を調整する努力を続けることで、候補者との信頼関係を築くことができます。また、フィードバックを提供することで、候補者が次回の面接に向けて改善点を理解し、意欲を高めることができます。

これらの対策を実践することで、無断キャンセルのリスクを効果的に減少させ、採用プロセスを円滑に進めることができます。企業の採用担当者にとって、面接の無断キャンセルを防ぐための具体的な方法を知ることは非常に重要です。これらの対策を実行し、成功事例から学ぶことで、より効果的な採用プロセスを実現することができるでしょう。

当社、パコラでは、地域に密着した新聞折込やポスティング情報紙を発行しています。また、パコライフという設置型のフリーペーパーも発行しています。さらに、デジタルメディアの分野では、マイナビ転職や採用サイトの構築なども手がけています。採用活動のパートナーとして、幅広いニーズに対応したプランをご提案しています。

株式会社パコラの採用サービス一覧

⇒ 当社が提案する独自の採用プラットフォーム「えんと〜り」はこちら
⇒ 20代・30代の若手社員の採用に特化した「マイナビ転職」はこちら
⇒ 新聞折込・ポスティング情報紙「パコラ」はこちら
⇒ 設置型フリーペーパー「パコライフ」はこちら
⇒ 総合求人情報サイト「求人ジャーナルネット」はこちら

求人サービスについての質問や相談があれば、どうぞお気軽にお問い合わせください。お問い合わせいただいた内容は、迅速にスタッフが丁寧に対応させていただきます。ご相談のみでも大丈夫です。

お問い合わせはこちら